武漢 の ウイルス 研究 所

中国武漢研究所の石正麗氏、「中国軍とつながっている」=米メディア

✆ 米国諜報機関も 「COVID-19ウイルスが人工的または遺伝子組み換えウイルスではなかったという科学的なコンセンサスに同意する」 と声明を発表しています。 これは、中国当局が国際社会に国内の感染拡大を報告した5週間後のことだという。

46

武漢研究所がコロナの真実を?爆発してた?証拠隠滅はいつ?場所はどこ?

🌭 (翻訳編集・張哲) 読者メニュー• あわせて読みたい関連本•。 そして、本日、トランプ大統領は新しい事実を見つけ、新型コロナウイルスの起源が武漢であることを断定する強い調子の声明を発表するに至ったわけです。 新型コロナウイルスからCGG-CGGという組み合わせの塩基配列が発見されたが、このような塩基配列は自然界では存在せず、ウイルスの感染力を高めるなどの実験を行う際に人為的に注入されることが多いとされている。

武漢ウイルス研究所

🌏 ネットの反応 真相は明らかにされていませんが、今回の件については様々な意見が上がっています。 Super NOVA 極薄 歴代所長 [ ] 姓名 任期 備考 1 () 1956年6月-1984年3月 2 () 1985年9月-1987年9月 3 () 1994年4月-2000年10月 4 () 2000年10月-2008年8月 5 () 2008年8月-2018年10月 6 () 2018年10月- 歴代党委員会書記 [ ] 姓名 任期 備考 1 許 力 1958年3月-1959年2月 2 劉 然 1961年3月-1979年12月 3 曹 健 1980年1月-1984年7月 4 湯吉梅 1987年9月-1992年4月 5 何添福 1992年4月-1996年6月 6 李興革 1996年6月-2004年8月 7 袁志明 2004年8月-2013年8月 8 肖庚富 2018年12月- コロナウイルス流出疑惑 [ ] 「」、「」、「」、および「」も参照 2015年には研究の委託として370万ドルの資金援助を行うなど同研究所はを積極的に研究している。

武漢ウイルス研究所での調査の実態を示す動画、コウモリに咬まれ腫れる様子も

☮ に完成し、に正式な運営が開始された。 トランプ前政権が今年1月に公表した国務省の報告書には、2019年に武漢研究所の研究員が体調を崩したことは記載されていたが、入院した事実までは記載されていなかった。 米NBCニュースは30日、中国武漢ウイルス研究所の著名研究者、石正麗氏が少なくとも中国軍科学者2人と協力してコロナウイルスを研究していたことを証明する証拠を掴んだと報道した。

31

アメリカが武漢の研究所に資金援助していたことが発覚

😂 2021年2月9日、中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスの起源を調査していた世界保健機関(WHO)と中国の合同調査団は会見を開き、同ウイルスを人へと感染させた宿主動物はいまだ特定できていないと報告した。

73

武漢ウイルス研究所での調査の実態を示す動画、コウモリに咬まれ腫れる様子も

🙏 筆者も全く同感である。 同紙が入手した文書では、このプロジェクトの目的は新種のウイルスを発見することと、病気の流行に関わる生物学の「暗黒物質」を検出することだという。 ただし、 「パンデミックの発生が武漢の実験室での事故の結果であった場合、感染動物 =蝙蝠 との接触を通じて始まったかどうかを判断するために、 "新たな情報を厳密に検討する"ことを継続する」 とも付け加えています。

19

武漢ウイルス研究所と軍の関与濃厚 隠蔽工作か…連絡直後にネット上から名簿消失、科学者めぐる闇に肉薄 伊・著名ジャーナリストの調査報道 (1/3ページ)

🖖。 ただ、コウモリのコロナウイルスに関する研究が行われていた武漢研究所から、手違いでウイルスが流出した可能性も排除されたわけではないという。 それだけではない。

61

「新型コロナウイルスの武漢研究所流出説」を徹底検証 中国の協力得られず確証には至らないが、続出する状況証拠(1/8)

🙄 New! 最近の世論調査によれば、米国人の58%、民主党支持者の43%が武漢ウイルス研究所流出説を支持しているという(6月4日付ZeroHedge)。 2019年から機能獲得研究を始めて、翌年には新型コロナのパンデミック発生という、絶妙なタイミングの良さは、不思議ですね。