花 は さかり に 品詞 分解

玉勝間 兼好法師が詞のあげつ

👎 読解上の注意 ・ 本策の主人公は、聖海上人(しょうかいしょうにん)。

11

玉勝間 兼好法師が詞のあげつ

😉 」と言ってるのに(比べて) 劣っていることだろうか。 ・ -。 愛敬おくれ たる人の顔などを見ては、たとひに言ふも、 品詞分解 梨 名詞 の 格助詞 花 名詞 よに 副詞 すさまじき シク活用形容詞「すさまじ」連体形 もの 名詞 に 断定の助動詞「なり」連用形 して 接続助詞 ちかう ク活用形容詞「ちかし」連用形「ちかく」ウ音便 もてなさ サ行四段活用動詞「もてなす」未然形 ず 打消の助動詞「ず」連用形 はかなき ク活用形容詞「はかなし」連体形 文 名詞 つけ カ行下二段活用動詞「つく」連用形 など 副助詞 だに 副助詞 せ サ行変格活用動詞「す」未然形 ず。

1

玉勝間 兼好法師が詞のあげつ

😄 係助詞「こそ」を受けて已然形となっている。 饗応する ず=打消の助動詞「ず」の連用形、接続は未然形 はかなき=ク活用の形容詞「はかなし」の連体形、ちょっとしたことである、大したことでない。

8

徒然草『花は盛りに』(1)解説・品詞分解

😄 ちと承ら ばや。 仏道では、修行の年数の低い者を「下臈」と呼んでいた。 「 もがな」は 願望の終助詞。

86

枕草子『木の花は』 解説・品詞分解 (紅梅・藤・橘・梨・桐・楝)

😭 語句(重要) ・ いと - とても。

75

高等学校国語総合/徒然草

👌 ・ -。

68

枕草子木の花は品詞分解

🤩 人情、思いやりの気持ち。 花・さき・しか=名詞・動詞四段活用連用形・過去の助動詞「けり」の已然形 花・だに・咲く。 木登り名人の意見は、身分の低い者の意見だが、聖人の教えにも匹敵するような、立派な教訓であろう。

29

徒然草『花は盛りに』(1)解説・品詞分解

☯ ・ -。 歌の詞書(ことばがき)にも、「花見に まかれ り けるに、早く散り過ぎ に けれ ば。 さらに。

52

高等学校国語総合/徒然草

👋 前世からの約束、宿縁、因縁 かこち=タ行四段動詞「かこつ(託つ)」の連用形、不平・不満を言う、恨み嘆く。