キタサン ブラック 血統

キタサンブラックの引退はなぜ?有馬記念を最後にした引退理由と種牡馬生活の展望

😋 「キタサンブラックの父親・ブラックタイドはディープインパクトの兄ですが、現役時代の実績がなく、初年度の種付け料は50万円でした。 2016年5月3日閲覧。

62

北島三郎の馬キタサンブラックの強さは3つ。血統と気性

🤐 ウオッカ以前は(1964年・1965年、当時の名称は啓衆社賞)、(1980年・1981年、当時の名称は優駿賞)、(1984年・1985年、当時の名称は優駿賞)、(2002年・2003年)、ディープインパクト(2005年・2006年)が受賞。 ちなみに公式には有限会社大野商事が馬主欄に記載されていますが、代表者が北島三郎オーナーなので、実質、北島三郎オーナーとして報道されています。 「3歳の夏を超えた時に体がいちばん変わった。

キタサンブラックの法人馬主「血統は書かないように」と釘刺す?

🔥 単勝3. あと天皇賞・春 2017年 のラップは他の馬は二度と踏めないんじゃないですか。 レース後、武豊は「正直よく分からない。 僅かでも優秀な競走馬を生産すべく、新種牡馬には一段と高い期待と注目が集まる競走馬生産界。

29

キタサンブラック「種牡馬生活」は売れ残りで大苦戦!? 実は、いくつもあるJRA歴代賞金王が「嫌われる」理由とは

😚 選手みたいなものですね」と述べている。 国際競走指定前: 第 0 02回(1938年) 第 0 04回(1939年) 第 0 06回(1940年) トキノチカラ 第 0 08回(1941年) 第 010回(1942年) 第 012回(1943年) 第 014回(1944年) 第 015回(1947年) オーライト 第 017回(1948年) 第 019回(1949年) 第 021回(1950年) 第 023回(1951年) タカクラヤマ 第 025回(1952年) 第 027回(1953年) 第 029回(1954年) 第 031回(1955年) 第 033回(1956年) 第 035回(1957年) 第 037回(1958年) 第 039回(1959年) トサオー 第 041回(1960年) クリペロ 第 043回(1961年) ヤマニンモアー 第 045回(1962年) 第 047回(1963年) コレヒサ 第 049回(1964年) 第 051回(1965年) 第 053回(1966年) 第 055回(1967年) 第 057回(1968年) 第 059回(1969年) 第 061回(1970年) 第 063回(1971年) 第 065回(1972年) 第 067回(1973年) 第 069回(1974年) 第 071回(1975年) 第 073回(1976年) 第 081回(1980年) 第 083回(1981年) 第 085回(1982年) 第 087回(1983年) 第 089回(1984年) 第 091回(1985年) 第 093回(1986年) 第 095回(1987年) 第 097回(1988年) 第 099回(1989年) 第101回(1990年) 第103回(1991年) 第105回(1992年) 第107回(1993年) 第109回(1994年) 第117回(1998年) 第119回(1999年) 第121回(2000年) 第123回(2001年) 第125回(2002年) 第127回(2003年) 第129回(2004年) 国際競走指定後: 第131回(2005年) 第133回(2006年) 第137回(2008年) 第139回(2009年) 第141回(2010年) 第143回(2011年) 第145回(2012年) 第147回(2013年) 第149回(2014年) 第151回(2015年) 第153回(2016年) 第155回(2017年) 第157回(2018年) 第159回(2019年) 第161回(2020年) 第163回(2021年) 国際競走指定前: 第 0 01回(1937年) 第 0 03回(1938年) 第 0 05回(1939年) 第 0 07回(1940年) 第 0 09回(1941年) 第 011回(1942年) 第 013回(1943年) 第 016回(1947年) 第 018回(1948年) 第 020回(1949年) 第 022回(1950年) 第 024回(1951年) 第 026回(1952年) 第 028回(1953年) 第 030回(1954年) 第 032回(1955年) 第 034回(1956年) 第 036回(1957年) 第 038回(1958年) 第 040回(1959年) 第 042回(1960年) 第 044回(1961年) 第 046回(1962年) 第 048回(1963年) 第 050回(1964年) 第 052回(1965年) 第 054回(1966年). ここで注目は母父のサクラバクシンオー。

45

キタサンブラックの法人馬主「血統は書かないように」と釘刺す?

☯ なのでこのキタサンブラックも短距離が一番いいのではないかと言われていて、特に2400mの日本ダービーを14着と大敗したときは「やっぱりこの馬は短距離向き」という評価する人が多かったのです。

33

キタサンブラックは種牡馬として成功する!?

😂 4 (1人) 09着 武豊 58 芝2200m(稍) 02:12. 例えば放牧地にいる状態を見学所で見てもらうことになるかもしれないですし、馬産地を回るツアーもあったりするので、健康な状態であれば名前を入れたいと思います。 もう予約もバンバン来ていて、展示会までに満口になってしまうかもしれません。 なんとか事故なく、元気に、チャンピオンサイアー目指して大成功したいですね」 【社台SS・三輪圭祐氏のコメント】 「輸送の予定が何日かズレたので、馬に負担になってなければいいなと思いましたが、降りた感じは凄く落ち着いていました。

テレ朝POST » キタサンブラック。優秀な血統を持たぬ競走馬が現役最強馬にまで成長した理由

✔ 現役最強馬から史上最強馬へ、果たして最終章を有終の美で飾ることが出来るのか。 2018年1月13日• だから、配合によっては自身より短い距離適性の馬が出てくるソースを持っているので、配合次第でいろいろなカテゴリーで走る馬が出ると思います。 - Sports Graphic Number Web 2017年10月30日、2019年12月27日閲覧。

88

テレ朝POST » キタサンブラック。優秀な血統を持たぬ競走馬が現役最強馬にまで成長した理由

✋ 2020年1月1日閲覧。 その後、 2016年11月27日 ジャパンカップ 2,400mで勝利 2016年12月25日 有馬記念 2,400mでクビ差で2位 2017年4月30日 春の天皇賞 3,200mで勝利 この時、3分12秒5のレコード勝ちで、まさかのディープインパクトのレコードを塗り替えるスピードを見せつける。

キタサンブラックの血統っておかしい件!絶妙な血統の配合がおもしろい!!

🙃 1位 ディープインパクト 父サンデーサイレンス 2位 キングカメハメハ 父キングマンボ 3位 ステイゴールド 父サンデーサイレンス 4位 ハーツクライ 父サンデーサイレンス 5位 ダイワメジャー 父サンデーサイレンス 6位 ハービンジャー 父ダンジリ 7位 クロフネ 父フレンチデピュティ 8位 マンハッタンカフェ 父サンデーサイレンス 9位 ゴールドアリュール 父サンデーサイレンス 10位 ブラックタイド 父サンデーサイレンス つまり、サンデーサイレンスの血筋のライバルが多く、交配する牝馬との関係からも前途多難な状況が待っているとも言える状況です。 キタサンブラックの兄にあたるショウナンバッハも中距離で活躍していますね。

82