炭 カナ 嫉妬

【炭カナは公式】先に惚れたのはカナヲちゃんではなく炭治郎だという話【鬼滅の刃】

🤞 アオイちゃんが注意しても収まらず、カナエさんに諭されて大人しくなるものの、それから数分足らずで元に戻る。

炭カナがすごくすごくすごく地雷なんですけど…

💙 蝶屋敷で炭治郎とカナヲちゃんが出会った時のことを思い出して頂きたい。 私も任務があってなかなか 炭治郎くんのお見舞いに 行くことができなくって。

61

恋の味 [短編集] (ページ1)

☢ どこかの誰かさんとは真逆だ。 禰豆子、萼さんが来てくれたぞ」 炭治郎くんがそう言えば箱からカリカリと引っ掻くような音がした。

85

【炭カナは公式】先に惚れたのはカナヲちゃんではなく炭治郎だという話【鬼滅の刃】

🤫 「今日はもう帰ろうかな. 彼女なりの返事なのだろうか。 なんて一瞬でも思ってしまった私は 思っていた以上に炭治郎くんが 好きみたいだ。 「気にしてないですって」 「そっか……禰豆子ちゃんは優しいんだねえ」 頭を撫でられるなんていつぶりだろうか。

80

恋の味 [短編集] (ページ1)

🤑 彼女を目にした時の炭治郎は呆けたようにその姿を見つめ続け、隠の人の解説も耳に入っていない様子だった。

26

【炭カナは公式】先に惚れたのはカナヲちゃんではなく炭治郎だという話【鬼滅の刃】

🤗 「すみません、ちょっと炭治郎借ります」 「え、ええ?うん?」 なぜか善逸くんは炭治郎くんを引き摺って私から離れたところで何かを喋っている。 さすがのカナエさんも困り切っていた。

66

秘蜜の刃

😋 「こんにちは、炭治郎くん」 「萼さん!!」 「え、誰?!」 「ああ、伊之助くんと善逸くんとは初対面だったね。 私は萼。

炭カナがすごくすごくすごく地雷なんですけど…

🤩 ほんの少し泣きたくなってしまうのを耐えて私もお返しとばかりに小さな体を抱き上げた。 」 玄関へと足を進めた時 「Aちゃん?」 名前を呼ばれ振り返ると そこには善逸くんが立っていた。 カナヲなんて『切った』ってしか聞いてなくて真っ青になってたんだから」 「すみません……」 「反省してるならそれでいいです、でもあんまり自分をないがしろにするようならこっちにだって考えがあるんだから!」 しのぶさんならともかくカナエさんにここまで言われるとは……気を付けよう。

32

秘蜜の刃

😩 というかなんでこの時代で金髪?外国人っぽい特徴はほぼ見当たらないから血筋ってわけじゃなさそうだし……蜜璃さんみたいに食べすぎとか? というか炭治郎くんがちゃんとこうして叱ってくれてるから他の病室から苦情が来てないんじゃ…… 「こんにちは、みんな調子はどう?」 「カナエさん!はい、まだ痛みますけど来たばかりの時よりはいいです!」 「そうよかった。

34

僕の。みんなの嫉妬…

📲 カナエさんの後ろからちょっと離れたところにいるから分からないのか。 カナヲちゃんに恋していたからこそ、彼女の心を開かせようと躍起になったわけだ。 うん、カナエさんとしのぶさんに似てきたよね。

69

【炭カナは公式】先に惚れたのはカナヲちゃんではなく炭治郎だという話【鬼滅の刃】

⚐ あれはいつもの聖人のような振る舞いではなく、炭治郎が見せた少年らしい一面だったと言えよう。 彼は熱心にカナヲちゃんを励まし、更には彼女がこれから自分の心に従って生きるよう、強く説得した。

11
萼は今回の怪我も含めて強制休暇」 「え」 「いい加減に休めって師範が よく分からず上を見ると禰豆子ちゃんが私の頭を撫でていた
」 自然と歩く足は止まっていて 私はまたため息をついていた 私もそれに倣って小指を絡めた