静岡 県 市町村 職員 共済 組合

掛金・保険料及び負担金

🌭 全国の市町村職員共済組合が運営する宿泊施設• 第5条第2項に規定する報酬に含まれる手当に相当するものとして運営規則で定めるものは、地方公営企業法第38条第1項に規定する給与のうち、地方自治法 昭和22年法律第67号。

73

静岡県市町村職員共済組合運営規則

⚐ この変更は、昭和47年4月1日から施行する。 に要する費用の額から当該療養に要する費用につき家族療養費として支給される額を控除して得た額 法第62条の2の規定に基づき高額療養費が支給される場合にあつては、当該家族療養費に係る療養に要する費用の額から当該療養に要する費用につき家族療養費として支給される額及び当該高額療養費の額を合算した額を控除して得た額 が1件につき25,000円 施行令第23条の3の4第1項第2号若しくは第3号に掲げる組合員 以下「上位所得者」という。 。

99

静岡県市町村職員共済組合運営規則

☕ とする。 における家族療養費附加金は、当該合算額から当該高額療養費の額を控除して得た額が50,000円 上位所得者又はその被扶養者に係るものにあつては、100,000円 を超えるときに支給するものとし、その額は、その超える金額に相当する額 100円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てる。 その後、共済組合から掛金についての通知がありますので、速やかに納付してください。

94

静岡県市町村職員共済組合定款

⚔ の役職員に係る施行令第5条第2項に規定する報酬に含まれる手当に相当するものとして運営規則で定めるものは、同法第48条第1項に規定する報酬又は同法第51条第1項に規定する給与のうち、地方自治法第204条第2項に規定する期末手当、勤勉手当、特定任期付職員業績手当、任期付研究員業績手当、災害派遣手当 武力攻撃災害等派遣手当及び新型インフルエンザ等緊急事態派遣手当を含む。 一方、退職や在職中に死亡すると、その翌日から資格を失います。 任意継続組合員の短期任意継続掛金・介護任意継続掛金は、在職中と異なり地方公共団体の負担がありませんので、全額自己負担となります。

静岡県市町村職員共済組合運営規則

👀 第204条第2項に規定する期末手当、勤勉手当、特定任期付職員業績手当、任期付研究員業績手当、災害派遣手当 武力攻撃災害等派遣手当及び新型インフルエンザ等緊急事態派遣手当を含む。 の規定の適用を受ける職員に係る地方公務員等共済組合法施行令 昭和37年政令第352号。 在職派遣者、退職派遣者の組合員資格 在職派遣の場合 特定地方独立行政法人等へ在職派遣された職員は、派遣から復帰するまでの期間(転出の日から3年間)、引き続き共済組合の組合員として短期給付、福祉事業、長期給付が適用されます。

41

掛金・保険料及び負担金

😔 四季倶楽部の宿泊施設• 県連盟電話番号:054-285-5060 メールで請求することもできます。 支部名・会員の氏名をお知らせください。 ただし、「三島市外5ケ町箱根山組合」を「三島市外5ケ市町箱根山組合」に、「三島市外3ケ町箱根山林組合」を「三島市外3ケ市町箱根山林組合」に改める変更は昭和46年5月6日から、「浜岡町外2ケ町隔離病舎組合」を削る変更は昭和46年9月29日から、「東遠隔離病舎組合」を加える変更は昭和46年10月1日から、「湖西町」を「湖西市」に改める変更、「湖西市新居町清掃施設組合」「田方地区消防組合」を加える変更及び「湖西町新居町清掃施設組合」を削る変更は昭和47年1月1日から、「浜名郡精神薄弱児施設組合」を「浜名地区精神薄弱児施設組合」に改める変更は昭和47年2月12日から適用する。

掛金・保険料及び負担金

😁 なお、 申告書の提出から掛金の納付までを、退職の日から20日以内に行う必要がありますので、十分注意してください。

34

掛金・保険料及び負担金

⚡ 及び退職手当に相当する給与並びに3月を超える期間ごとに支給される給与を除いたものとする。 会員以外の利用が確認された場合、県連盟から当該者に請求いたします。

57

宿泊施設利用助成(年間発行枚数1人10枚)

🚒 が1件のみであり、かつ、高額療養負担額に合算された高額療養負担額以外の金額 以下この項において「特定合算対象額」という。 資格取得の条件は「退職の前日まで引き続き1年以上組合員であったこと」です。 2 前項の規定にかかわらず、施行令第23条の3の3第1項第1号イからヘまでに掲げる金額を合算して高額療養費が支給される場合 同号イからニまでに掲げる金額のみを合算して高額療養費が支給される場合を除く。

77

宿泊施設利用助成(年間発行枚数1人10枚)

☝ 第18条の2 特定地方独立行政法人 地方独立行政法人法 平成15年法律第118号。 が1件のみであり、かつ、家族高額療養負担額に合算された家族高額療養負担額以外の金額 以下この項において「家族特定合算対象額」という。

61